最近流行りのフリーランスエンジニア、どんなことが求められているの?

フリーランスエンジニアに一番必要なことは、コミュニケーション力です。
次にエンジニアとしての能力が大事です。
なぜ、コミュニケーション力が必要かというと、お客様(クライアント様)が何を目的に仕事を発注しているのか、意図をわからなければ、そもそも何をやればいいのかわからないからです。
いくらエンジニアとしての能力があったとしても、自分が何のコードを書いて、どういう役割で仕事をやっているのかがわからないと、仕事にならないのです。
もちろん、だからといって、技術(能力)がなくてもいいと言っているわけではありません。
そして、コミュニケーション力は一朝一夕で身につくものではないです。
そこが、フリーランスエンジニアの難しいところです。
普通なら、能力があればできると考えるかもしれません。
しかし、能力はやれば、自然に身に付くものです。
誰でも能力を身に付けようと思えば、やればいいのです。
つまり、一人で勉強すればいいだけです。
コミュニケーション力は、今までの生き方が重要になります。
コミュニケーション力を身に付ける方法は、学生生活にあると思います。
しかし、大人になってからでも、コミュニケーション力を身に付ける方法があります。
それは、本を読むことです。
本には、いろいろなことが書いてあります。
好きな本を読んでいれば、知らないうちに自分に力が蓄積されます。
自分が好きな本というのがポイントです。
好きな本でなければ、読むのが苦痛になるからです。
オススメは哲学や人間関係の本、プログラマーの自伝などです。
ぜひ、コミュニケーション力を身につけて、フリーランスエンジニアを頑張って欲しいです。”

フリーランスITエンジニアに求められること

大前提として、ご自身が持つ技術(プログラミング・ネットワーク・サーバー等)については、全ての工程を担当できるレベルまで磨いてください。また専門外の技術についても、積極的に取得していきましょう。独立後、それだけ得られる仕事の範囲が広がります。あなたの専門技術のみで仕事を受注できる保証はどこにもありませんから。また仕事の確保には「営業力」が必須だと考えております。クライアント側との交渉は、全て自分で行っていくことになりますので、コミュニケーション力は重要ですし、受注後においても大規模案件になればなるほど必要不可欠となります。IT技術は日々進歩しております。常に視野を広く持って独自に対応できるよう努力を続けましょう。もしあなたがフリーランスITエンジニアとしての一歩を踏み出そうと考えているのなら、一度この先の未来を想像してみてください。展望なき方向転換は、あまりおすすめできません。最後にこれまで様々なことを実体験としてお伝えしてきましたが、ご自身をしっかりと管理できる方には、フリーランスITエンジニアはおすすめの働き方です。計画性を持って一貫した行動を続けることで収入アップも十分見込めますし、何より全てを自分で決めて職業を選択するといった新しい考え方にふさわしいやりがいや満足感が得られることでしょう。

専門知識だけでは通用しない

フリーランスエンジニアといえばITのスペシャリストというイメージがあります。これはあくまでの技術者のイメージで決して具体的なものではありません。必要なスキルはWindows製品を使いこなせる必要があります。一般企業ではWindows製品を業務で使用しているケースが多くあります。その企業の社員以上にWindows製品について精通していることは不可欠です。当然、即戦力として生産性も高く評価がされやすくなります。社員から技術的な質問がある場合に即時対応できることは有効です。知識としては専門業界の知識が必要です。経済活動の中でどのように「ヒト・モノ・カネ」が動いているかを理解する必要があります。この企業活動の中からフリーランスエンジニアを採用することになるのです。「金融・物流・流通・製造・官庁」などビジネスフローが異なっていて「ヒト・モノ・カネ」から利益を出すことを理解することが重要となってきます。これらの業種や業界の中で使用される専門用語を押えていることでコミュニケーション力を高めることができます。